ローンと維持費用を見直して一括査定サイトで車を売った私

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は最近ローンが理由で、車を売りました。というのも最近の私にとっては、ちょっとローンが足かせになっていたからです。

ここ最近の私は、色々と出費がかさんでいました。毎月の費用がかなりかかっていましたので、ちょっと節約をするべきだと考えていたのです。
現在発生している費用を色々と見直してみたところ、自動車の売却をするのが一番良いと思いました。それには2つの理由があって、まず前述の車のローンです。毎月の支払い額もかなりのものになっていたので、ちょっとローンを何とかしようと思ったのです。

もう1つの理由ですが、そもそも車の維持費です。車というのは持っているだけでお金がかかりますし、そもそも車をあまり使わなくなりました。持っていてもあまり意味が無いと思ったので、思い切って売却することにしたのです。

ただローンが残っているとなると、色々と保有権の問題などもありますね。そこを上手く相談できる業者に売却したいと、私は考えていました。
私はそのニーズを満たすべく、ネットで色々な情報を調べました。結局のところ色々な業者を比較するのが良いと思ったので、私は車の一括査定サイトを用いることにしました。

あるサイトで情報を送信した後、複数の業者から直ちに連絡がありました。その業者の中には、ローンを上手く処理してくれる所もありましたね。ある業者の場合はかなり親切にサポートしてくれる雰囲気が感じられたので、私はその業者に車を売ることにしました。
その業者の場合は買取額がかなり高めだったので、まず私は今抱えているローンを全て返済する事ができました。そして車を手放す事ができたので、毎月の維持費も大きく減りましたね。

おかげで本当に助かりました。私の友人も最近はローンで大変なようですが、ちょっと一括査定サイトを紹介してあげようかなと考えています。

車を売却する時は税金の還付を忘れずに!

| コメント(0) | トラックバック(0)

車を売却すると税金の還付があります。
多くのケースでは、車を売却して買い換えると思いますが、その時に新しく購入した車の税金を払いますよね。
つまり、この売却した車の税金の還付を申請しないと、二重に税金を払ってしまうことになります。

税金は車の排気量によって異なりますので、金額の大きさも違いますが、例えば経済的な車に乗り換えようと思って排気量の少ない車にしたのであれば、税金の還付の方が大きくなる可能性もあります。

車の税金は、時期によって月割りの計算となりますので、還付の金額は一概に言えませんが、還付の申請は忘れないようにしたいですね。
それ程大変なこともなく、場合によっては数万円返ってきますので、結構うれしいと思います。

ただ、気をつけないといけないのが、軽自動車は税金の還付がないということです。
軽自動車の場合は、もともと支払っている税金の金額も少ないので、仕方ない面もありますね。

このように、車の売却にあたっては、ちょっとしたことに気をつけると、さらにお得になるということがあります。
売却に関してはこちらのサイトにも詳しく掲載されています。
>>【ハイエース買取】ハイエースをより高く売る売却術をご紹介


車の売却価格が大きければあまり気にならないかもしれませんが、場合によっては売却価格よりも税金の還付額の方が大きいケースもありますよ。

車の寿命を延ばすなんて方法・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

車の寿命を延ばす方法、みなさんあると思いますか。
実はあるんですね。
別に裏技とかそんなものではありません。

極々、単純なことです。
ではその裏技について解説していきたいと思います。

その車の寿命を延ばす方法とは、車との付き合い方です。
これがなによりも一番大事。
メンテナンスもそうですが、やはりこれはお金がかかるもの。

お金をかけずに車の寿命を延ばす方法。
それは運転の仕方にあるんですね。

まあ簡単に言えば、車に負荷をかけない運転をしましょう。
ということです。
オレはいい運転をしている!
そう思ったあなた、注意してください。
知らず知らずのうちに負荷をかけるようなことをしているもんです。

では車の寿命を延ばす運転方法をご紹介します。

・暖機運転
・信号時切り替わり時は、アイドリングで走行し、それからアクセルを踏む
・停車は徐々にゆっくりと。
・急発進、急ブレーキを避ける
・ギアの切り替えはしっかり停車してから

この5つの項目をしっかりと意識するようにしましょう。
守れていない項目がいくつありましたか?
守られていない項目1つにつき、走行距離1万キロ寿命が減る。
と思ってください。

それくらい日々の運転は車に負荷をかけているんですね。
これを参考にして、是非次の日実践してみてください。
意識して運転することによって、運転自体飽きなくなりますし、楽しくなりますよ!
下記サイトも参考にするといいでしょう。車について色々記載されています。
http://odyssey-kaitori7.info/

ファミリーカーはどれがいい??

| コメント(0) | トラックバック(0)

今では色々なファミリーカーがありますね。
ハブリッドからフルフラットまで種類は豊富です。
色々なファミリーカーがありすぎて迷う方も多いでしょう。

ここではファミリーカー選びについて
記載したいと思います。

まずどの要素を重要視するかによって、
自然と車種は絞り込まれていきます。

・子供が1人
・子供が3人以上
・快適性を重視
・安全性を重視
・価格面など維持費を重視

まず子供が1人か二人という方は5ナンバーサイズのミニバンがオススメです。
セレナ、ステップワゴン、ヴォクシー、ノア。
この4強でしょうね。
私としてはミニバン販売台数ナンバーワンのセレナをオススメします。

そして子供が3人以上という方は、
3ナンバーのLサイズミニバンがいいでしょう。
アルファード、ヴェルファイア、エルグランド。
自然と上記3つに絞り込まれてくると思います。

おすすめなのはアルファードです。
需要も高いですし、中古市場にあまり出回らないため、
売却時も高額査定を期待することができます。

安全性を選ぶならLサイズミニバン。
価格面を取るのなら、ホンダの5ナンバーミニバンでしょうね。

このように、ファミリーカーは種類が豊富ですので、
選ぶ際には結構悩んだりします。

この記事を参考にして選ぶといいでしょう。
そしてこちらのサイトも参考にしてください。
福岡 車買取

車を選ぶ際に

| コメント(0) | トラックバック(0)

次に購入する車は悩む人も多いでしょう。
それもそのはずです。
車は1年2年で乗り換えるものではないですから、
慎重に決めたいものです。

車を選ぶ要素としては

・価格面
・燃費
・デザイン
・維持費
・ブランド

この4つの要素が重要となってきます。
この要素のどの面を選ぶかによって、これからが決まります。
すべての要素を兼ねそろえていればいいのですが、
そんな都合の良い車なんてありません。

価格面を選ぶとしたら、車のデザインやブランドは妥協しなくてはいけません。
安くてカッコイイ車ってそうそうないですよね。
高い車にはそれなりのデザイナーがデザインをつくっていますので。

そして燃費を選ぶ場合は、価格面、ブンンドの妥協が必要になってきます。
燃費を選べば車の維持は安くなりますので、
最初の購入費用が若干通常よりも高いです。

デザインを選ぶ場合は、価格面や燃費、維持費を妥協しなくてはいけません。
高い車ほどいいデザインのものが多いですし、それなりのブランドです。
維持費も高いでしょう。

維持費を選ぶ場合は、デザイン、ブランドの妥協が必要です。
コンパクトカーの国産に絞られるでしょうね。
一番いいのは軽自動車となります。

このようにすべてを兼ねそろえている車なんてありません。
自分に合った車を選択しましょう。

ハイブリッドカーの寿命はどのくらいなのか

| コメント(0) | トラックバック(0)

ハイブリッドカーは今流行っていますよね。
エコカーの時代であり、その中心にいるのがハイブリッドカーです。

ハイブリッドカーの寿命ってどのくらいなのでしょうか。
ふと1つの疑問がよぎりました。

ハイブリッドカーの心臓はバッテリーであり、
バッテリーが寿命にさしかかると、
ハイブリッドとしての役割がなくなってしまいます。

ハイブリッドカーはバッテリーの電気で走行するEV走行と、
ガソリンを使って走る通常走行の2つがあります。
バッテリーが寿命になると、このEV走行ができなくなりますので、
通常の車と同じとなってしまいます。

つまりハイブリッドカーとはいえなくなってしまうのです。

一般的にはこのバッテリーが寿命になると、
買い替えと判断する人が多いようですね。
ハイブリッドカーのバッテリーは20~30万しますので、
バッテリーを変えるよりは車を買い替えたほうがいい。
と判断する人が多いようですね。

ちなみにハイブリッドのバッテリーが寿命になるのは、
大体5年らしいです。
今のハイブリッドは10年持つらしいのですが未検証です。

普通車、ハイブリッド、どちらがお得なのかは、
その人次第です。
長くなるのならハイブリッド、10年で買い換えるのならガソリン車。
でしょうね。

参考にさせていただいたサイトのご紹介
大阪 車買取

車のディーラーも安全とはいえない。

| コメント(0) | トラックバック(0)

ディーラーでの整備は高価だし、メーカーの看板をしょっているから安全。
と考えている人も多いですが、そうとも限りません。
ディーラーとはメーカーの看板をしょったただの車屋さんでしかありません。
そこを注意しておくようにしましょう。

ディーラーで車の欠陥品などが見つかると、
無断で部品を交換してしまいます。

欠陥品が増えて、クレームが広まりまわりに認知されたところで
リコールという手段をとりますが、
それまでは欠陥品があると分かっていても公表はしません。

車検や定期点検などで、勝手にその欠陥部品を交換してしまうのです。
もちろんその代金は請求されませんが。

なぜリコールを大々的に公表しないかといいますと、
やはりメーカーの信頼度、その車種の信頼度が低下するためです。
ですので、裏でこっそり部品を交換するのです。

無料だから問題ないじゃん。
と思われるかたも多いかもしれませんが、
自分の車の部品を勝手に交換されるのですよ?
モラルの問題です。気持ち悪いですよね。
裏で車になにされているかわからないということなんですよ。
自分の所有物。資産なのに。

なのでディーラーもあまり信用してはいけません。
確かに街の小さい車屋さんよりは信用できるのは確かです。
しかし、そういった小さい車屋でもいい車屋さんはたくさんあります。

そのようないい車屋さんを見つけ、信頼を築いていくことが
需要なのではないかと私は思っています。

悪徳車買取業者のよくある手口

| コメント(0) | トラックバック(0)

車の買取業者には悪徳業者がかなり潜んでいます。
その手口は実に巧妙です。
一部紹介したいと思います。

ある大手で査定をしてもらったAさん。
それまでに4社に査定をしてもらったが、納得いく金額を提示してくれる業者はいなく、
最後の望みをかけて、この大手Bに査定を依頼しました。

査定をしてらもうと、希望金額の+20万の査定額がつき、
かなり驚きました。
売却するのは1ヶ月先で、口頭で買取金額保障をしてもらい、
ウキウキ気分で家に帰宅。

その売却の直前に、大手Bから連絡があり、
直接会って話せないかとのこと。
電話じゃダメなのか?と伺ったら直接でないとダメの一点張り。

渋々予定を取り繕い、
当日、査定業者に会いにいきました。

まず、大手Bから言われた1言目が、査定をミスった。
とのことでした。
どういうことか詳しく聞いてみると、
年式を間違ったとのこと。
Aさんの車年式は17年式だったのですが、20年式だと思い査定額を出してしまったとの
ことでした。

そして、その金額では買取できないので減額させて言われたので、
金額を聞いてみると、事前に複数の業者に査定してもらった金額よりも
遥かに低い金額でした。

Aさんは車検切れに合わせて売却予定を立てましたし、もうどうすることもできません。
売却するしかないのです。
買取金額保障してくれたではないかと聞くと、
そんなことした覚えはないの一点張り。終いには承諾書を見せろといわれたらしいです。
まさに確信犯ですよね。

このようなこともありますので、車は信頼できる車屋で売却したほうがいいです。

今でもニコイチの車ってあるのですね。

| コメント(0) | トラックバック(0)

みなさん「ニコイチ」ってご存知でしょうか?
主に改造用語で使われる言葉ですが、
故障や事故などした車の問題のない部分とって、
2つの車を1つにする。という意味です。

分かりにくいでしょうか。
同じ車種が2つあるとします。
1つは事故によりフロント部分が大破。
もう1つは、事故によりリア部分が大破。

この場合、1つ目の車はフロントが壊れてしまっていますが、
リア部分は生きていますよね。
2つ目の車はリア部分が大破してしまっていますが、
フロント部分は生きていますよね。

上記の例の場合、2つの車とも真っ二つにして、
大丈夫な部分通しを組み合わせて1つの車にする。
ということです。

昔はこういった車が販売されていたのですが、今はさすがにないだろう。
と思っていましたが、あるようですね。

大手買取業者がこうして車を販売していたの問題になっています。
しかも、修復歴なしで販売していたからビックリですねよね。

まあニコイチって聞けば誰もその車買わないでしょうからね。
改造価格が、新車の価格より高くなってしまいそうなこのニコイチですが、
案外安く改造できるみたいですね。

大手の車買取業者と言っても信用できませんね。
まあ昔から問題視されている大手企業ですが。