車のディーラーも安全とはいえない。

| コメント(0) | トラックバック(0)

ディーラーでの整備は高価だし、メーカーの看板をしょっているから安全。
と考えている人も多いですが、そうとも限りません。
ディーラーとはメーカーの看板をしょったただの車屋さんでしかありません。
そこを注意しておくようにしましょう。

ディーラーで車の欠陥品などが見つかると、
無断で部品を交換してしまいます。

欠陥品が増えて、クレームが広まりまわりに認知されたところで
リコールという手段をとりますが、
それまでは欠陥品があると分かっていても公表はしません。

車検や定期点検などで、勝手にその欠陥部品を交換してしまうのです。
もちろんその代金は請求されませんが。

なぜリコールを大々的に公表しないかといいますと、
やはりメーカーの信頼度、その車種の信頼度が低下するためです。
ですので、裏でこっそり部品を交換するのです。

無料だから問題ないじゃん。
と思われるかたも多いかもしれませんが、
自分の車の部品を勝手に交換されるのですよ?
モラルの問題です。気持ち悪いですよね。
裏で車になにされているかわからないということなんですよ。
自分の所有物。資産なのに。

なのでディーラーもあまり信用してはいけません。
確かに街の小さい車屋さんよりは信用できるのは確かです。
しかし、そういった小さい車屋でもいい車屋さんはたくさんあります。

そのようないい車屋さんを見つけ、信頼を築いていくことが
需要なのではないかと私は思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://office-login.com/mt-tb.cgi/3

コメントする