ハイブリッドカーの寿命はどのくらいなのか

| コメント(0) | トラックバック(0)

ハイブリッドカーは今流行っていますよね。
エコカーの時代であり、その中心にいるのがハイブリッドカーです。

ハイブリッドカーの寿命ってどのくらいなのでしょうか。
ふと1つの疑問がよぎりました。

ハイブリッドカーの心臓はバッテリーであり、
バッテリーが寿命にさしかかると、
ハイブリッドとしての役割がなくなってしまいます。

ハイブリッドカーはバッテリーの電気で走行するEV走行と、
ガソリンを使って走る通常走行の2つがあります。
バッテリーが寿命になると、このEV走行ができなくなりますので、
通常の車と同じとなってしまいます。

つまりハイブリッドカーとはいえなくなってしまうのです。

一般的にはこのバッテリーが寿命になると、
買い替えと判断する人が多いようですね。
ハイブリッドカーのバッテリーは20~30万しますので、
バッテリーを変えるよりは車を買い替えたほうがいい。
と判断する人が多いようですね。

ちなみにハイブリッドのバッテリーが寿命になるのは、
大体5年らしいです。
今のハイブリッドは10年持つらしいのですが未検証です。

普通車、ハイブリッド、どちらがお得なのかは、
その人次第です。
長くなるのならハイブリッド、10年で買い換えるのならガソリン車。
でしょうね。

参考にさせていただいたサイトのご紹介
大阪 車買取

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://office-login.com/mt-tb.cgi/4

コメントする